イラストレーターデータ作成・入稿時のお願い

イラストレーターデータ作成・入稿時のお願い

Adobe イラストレーターのデータを作成・入稿する場合、以下の点にご注意ください。 データに不備がございますと、データを再度入稿していただく場合があります。 ご不明な点はパーソンズプラザまでご相談ください。

  1. イラストレーターver. 8~CS6のEPS形式で入稿をお願いします。
    その他のアプリケーションで作成されたデータについてはお受けしておりません。 なにとぞご了承ください。
  2. フォント(書体)は全てアウトライン化してください。
    アウトライン化されていないフォントは、文字化け(違う書体に置き換えられてしまう)を起こしてしまいます。
  3. 色指定について。
    RGB形式で作成しないでください。また、1色(単色)印刷のデータを4色で作成なさらないようにご注意ください。
    印刷色が黒(スミ)の場合は、K(ブラック)だけで設定してください。
    印刷色が黒(スミ)以外の場合は、DICカラーなどのスウォッチカラー、または便宜上(1色につき)CMYKのどれか1色だけで作成してください。
  4. 細い線は0.25ポイント以上、薄いアミは10%以上にしてください。
    印刷時カスレの原因となる恐れがあります。
  5. 封筒の端に余白を10mm空けてください。
    印刷機の都合により、封筒の端から10mmは印刷することができません。
    詳しくは印刷可能範囲をご覧ください。
    またひな型ダウンロードから各種封筒のテンプレートデータもご活用ください。
  6. ベロのベタ(塗りつぶし)の印刷、または封筒全体の印刷可能範囲の1/3以上(名刺封筒の場合は1/5以上)の面積のベタ(塗りつぶし)とアミ(網点)の印刷はできません。
    当店の印刷機の構造上、ベロ部分のベタ(塗りつぶし)の印刷と封筒全体の印刷可能範囲1/3以上(名刺封筒の場合は1/5以上)の大きな面積のベタ(塗りつぶし)とアミ(網点)の印刷はお受けできません。なにとぞご了承ください。
  7. データは原寸大で作成し、「アタリ」を入れてください。
    「アタリ」(封筒の仕上がりの輪郭線)は、印刷位置や向きを確認するために必要です。 ベロ(封入口)の向きが分かるようにしておいてください。
  8. リンク(配置)画像について。
    画像データをリンクしてある場合にはそのデータも一緒にお送りください。 リンク画像はモノクロ2階調(1200dpi以上)、CMYK・グレースケール(360dpi以上)、 TIFF・EPS形式で作成してください。